ブログ

キャンプでも簡単に作れるスキレット料理3品のご紹介。

こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの野川彩です。

おぎやはぎのハピキャンでライターとして活動させていただいておりますが、今回もスキレット料理第2弾!!という事でキャンプ料理にぴったりなスキレット料理3品をご紹介させていただいております。

ハピキャンサイト内でのスキレットレシピのご紹介

・リアルとんがりコーン

ヤングコーンの水煮を使って作る甘しょっぱい味付けの大人も子供も大好きな味付けのレシピです。

・チーズカレードリア

パックごはん、レトルトカレー、ピザ用チーズだけで作る究極に簡単なカレードリアです。うずら卵をとろ~り混ぜて召し上がってください!

 

・ミニグリルパン1つで作れる鮭グラタン

マカロニを茹でるのも、ホワイトソースもすべてスキレット1つで作ります。さらに鮭缶を使う事で、生ものを切らなくても良いので、らくちん!キャンプでもおすすめの1品です。

こちらのレシピはハピキャンサイト内で公開しております。

詳しくはこちらを→https://happycamper.jp/_ct/17316243

今後もキャンプや家でも使えるお手軽スキレットレシピをどんどんご紹介させていただく予定でいますので、ぜひご覧いただけたら嬉しです。

 

話しは変わりますが、

先日デイキャンプに行くはずでした。

なのに、雨女の私のせいで・・・。その日は雨とものすごい極寒。

急遽我が家で女子会となりました。実は、前回のアジア料理を作ったデイキャンプの時にも大雨。

ハピキャンライター・ワークマン女子でも大活躍の『ちょっとキャンプ行ってくる』のサリーちゃんと 同じくハピキャンでも活躍中のバリバリキャンパー『100均好き主婦キャンプへ行く』のいく子ちゃんの3人でデイキャンプ風クリスマス女子会を行いました。その時の様子がこちら↓

デイキャンプには耐熱ミニスキレットと陶板を持って行く予定でしたが、せっかくの機会なので、パンダ食堂の調理道具を使って料理を作りました。

この時に実際にお二人にも耐熱ミニスキレットや陶板を使って料理をしてもらったのですが、思っていたよりもこのスキレットも陶板も軽くて使いやすい!!と高評価でした。

鉄スキレットもかわいらしくて私も好きなのですが、やっぱりキャンプで持ち運びを考えると、重たくてお手入れも必要なものって、だんだんネックになってきますよね。

陶器なので落とせば割れてしまいますが、普通に扱っている分には割れる事もありません。そして、持ち手が意外と熱くならないんだね??とも言ってもらえました。

こちらの耐熱ミニグリルパンは黒、ベージュ、白の3色展開です。

IH以外はほぼすべての熱源に対応しております。キャンプではBBQコンロの上、ストーブの上でもOKですし、直火、オーブン、レンジでも使えます。

今回ミートボールソーセージのトマト煮込みを作った陶板。

こちらもIH以外直火、レンジ、オーブン、BBQコンロ、ストーブの上などすべてOKです。

こちらの食器類、現在ネットではうつわマルシェで購入いただけます。

詳しくはこちら→うつわマルシェパンダ食堂ページ

実店舗では、現在横浜そごうのロフトで期間限定で全商品販売していただいております。2019年12月まで。実際にご覧になりたい方はぜひ横浜そごうのロフトさんへお出かけください!