ブログ

キャンプ未経験者の方必見!!お家でキャンプ気分を味わうためにあると便利なグッズ紹介!!

みなさんこんにちは。パンダ食堂の野川彩です。

本業は料理家ですが、
おぎやはぎの「ハピキャン」というキャンプ番組のHPでライターとして料理レシピの記事などを書かせていただいております。

泊まりのキャンプの経験はないのですが、ワークマン女子の火付け役でもある「ちょっとキャンプ行ってくる」のブロガーサリーさんや 「100均好き主婦、キャンプへ行く」のいく子ちゃんに連れて行ってもらい、デイキャンプなどを楽しんだり、お家のテラスでべランピングを楽しんだりしているキャンプ超初心者でもあります。

そんな我が家が、ついに、この外出自粛中の真っ只中、

『テントを購入』しました。

今回はそのテント購入の一部始終と、テントの中であると楽しめる最低限のアイテムを初心者なりにご紹介したいと思います。これからテントを購入してみようかな。という方のご参考になれば幸いです。

お家で楽しんだり、初めて買うには、どんなテントがいいの??

世の中がコロナウイルスで外出自粛の中、何か家で楽しめるものを!!と思い、前々から買おうと思っていたテントを購入することにしました。

我が家がどんな時にテントを使いたいのかを2人のキャンパーさんに相談しました。

パンダ
パンダ
テラスで楽しんだり、海やデイキャンプ、もしもの災害時用にテントがほしいんだけど、どんなのが良いかな??

 

手軽にということなら、折りたたみ傘のようなワンタッチテントがおすすめだよ!!

この時、初めてワンタッチテントというテントがあることを知りました!!紹介してもらったかわいいテントがすでに売り切れていて、代わりにamazonで見つけた『Haibei ワンタッチテント』というもの。

 

 

パンダ
パンダ
このテントはどうかな??泊まれるのかな??
泊まれるよ!耐水圧2000あるので、そんなに悪くはなさそうだよ!!
でも、大雨、大風の時はちょっとやめた方がいいかもよ。そして、床面積は大人2人で寝ても十分だけど、高さが低いので圧迫感はあるかもね。
このテントは、お家用、デイキャンプ用とし割り切って使い、本格的にキャンプをやりたいってなったら、しっかりしたテントを買ってもいいと思うよ~

と、なんとも的確なアドバイスをいただきました。キャンプは絶対に晴れるとは限らないので、泊まるときには改めて耐水性のあるテントを購入し、お家用、デイキャンプ、海用に使うということで、こちらのテントを購入することにしました。

購入したテントが到着。早速開けてみると!!

組み立てる前のテントの大きさはこのくらいです。思っていたよりも軽くてコンパクト!!というのが印象でした。

テントの詳細

収納サイズ:幅69cm×厚さ13cm、重さが2.56kgです。

展開サイズ:幅200cm×奥行150cm×高さ130cm。

耐水圧PU2000mm、2~3人用。

家の中で組み立ててみることに!!

パンダ
パンダ
袋の中に入っていたものはテント・テントカバー・ロープ4本・ペグ1本・水色の収納袋。
パンダ
パンダ
テントのひもをほどいて立ちあげると。
パンダ
パンダ
四角い形ですでにテントっぽい!!骨組みを広げて中心部分をひきあげると。
パンダ
パンダ
すでにテントの形に。ただ、まだ骨組みがしっかりしていないので、ふにゃふにゃ状態。風が拭いたらすぐに倒れそうです。
パンダ
パンダ
テントてっぺんの黒いばね部分をカチッとするまで押す!!
パンダ
パンダ
わずか20秒程度で完成!!とってもらくちんでした!!

今回、テントの設営・片付け動画を撮りましたので、よかったらこちらもご覧ください!

テント設営動画

テント片付け動画

 

テラスでテントを出して楽しんでみる!!

我が家は、テラスに主人が育てている植栽があるので、植栽が見えるように横向きにテントを置きました。

そうすると、出入り口から植物が見えて、ちょっと自然の中にいる気分に浸れます。

旦那さん、植物を育ててくれていてありがとう~!!!と思った瞬間でした。

テントの下には、とりあえずヨガマットを敷き、

その上に以前テーブルクロスとして使用していたマルチクロスを敷き、家のクッションを並べて完成です!!

平日は仕事でちょっと休憩したいときなど、ここでお茶を飲んだり、雑誌をみたりなどしています。

このテントが届いたすぐ後に、注文していた机も届きました。

キャプテンスタッグの机。53×60cmの大きさの机。

ちなみに、天気の良い日はこちらで仕事してます。

 

このテーブルを購入した事で、テント内がかなり使い勝手の良い空間になりました。

PCの打ち込み作業など、このテントの中でするとかなりはかどりそうです。テレワークで思うように仕事に集中できない!!という方は、テントの中おすすめかもしれませんよ!

ちなみに、我が家でつかっているランタンは『BRUNO』のランタン。我が家の住んでいる地域は台風の時などに停電になることが多く、災害時用に、どうせならかわいいものを1個買っておこうと思って買ったものです。常にテレビ台の上にあり、急な停電時でOKな状態になっています。

 

休日のベランピングの楽しみ方は??

休日にテラスBBQをする時には、本当は植栽を見ながらBBQがしたいのですが、ちょっとスペースが狭いので、テントを横向きにしてBBQをしています。BBQで食べ飽きたら、ちょっとテントに入ってダラダラ過ごすというキャンプごっこをやっております。

この日のお昼は以前から気になっていた、使い終わった後すべて土に還るという、クラフトグリルの『カサスグリル』を使ってBBQをしました。カサスグリルの使い勝手についてお伝えしていきます。

クラフトグリル (CASUS GRILL カサスグリル 使い捨て BBQ バーベキュー 簡易グリル アウトドア キャンプ キャンプ ピクニック バーベキュー)とは??

100%天然素材で作られた北欧デンマーク生まれの「クラフトグリル」

その場に置いているだけでも絵になる可愛さで、BBQがより楽しくなるグリルです。

1回使い切りでお手軽に使え、山や川での本格キャンプだけでなく、休日のベランダBBQや、ピクニックに持ち出したりするにもおすすめ!との事ですが、まさにその通り。終わった後にはしっかりと火が消えたことを確認し、全てゴミ袋に入れて、市町村のゴミの指示に従って捨てるだけ。

以前100円ショップで購入した簡易コンロも便利でしたが、網と炭など分解して捨てないといけなかったけれど、その手間すら要らないので、簡単に楽しみたい!という方にはすごくおすすめです。

 

組み立てる部品も全て紙でできています。

中にはこんな感じで入っているので、まずは足を組み立てます。

本体側面についている4か所のフォルダーをおこし、

足の切り込みに合わせ本体を奥までしっかりと差し込みます。

グリルを4か所の切り込みに合わせ、グリルをセットします。

 

これでセット完了です。着火はグリルを外して行ってください。

固く平らな不燃の場所に本体を置き、グリルを外してチャコール
(黒いドーナツ状の炭)に着火します。

※写真では全く見えないのですが、下にステンレスのバットを置いて、直接コンロが当たらないようにしていますが、もうちょっと大きいものを敷いた方が安全だと思いました。(反省)

このチャコールが全体に白くなり、目に見える炎が上がっていないことが確認できたらグリルをのせます。これで準備OKです。着火から約5分程度です。

グリルをセットして、野菜類をのせて焼きます。

グリルの上にのせるものの目安重量は500gまでということ。ミニグリルパンを最初載せていましたが、さすがに壊れそうになったので、途中でやめました。

上の写真のお肉は、12〜15分くらい焼いてひっくり返した時の様子。しっかり焼けます!!

両面しっかり焼いたら、アルミホイルに包んで5分ほど蒸らしてから切り分けました。よい感じのレア具合でおいしく焼けました。

グリルの隙間は通常のコンロの網よりも広いので、野菜が隙間から落ちやすいです。なるべく大きめに野菜などは切っておいた方がよいということがわかりました。

今回、楊枝に刺した串(アスパラ+エリンギ+ウィンナー)を焼いたのですが、いくつか隙間から落ちて犠牲になりました。

もう一つ、アルミホイルにホルモンを包んで焼いたのですが、本来はアルミホイルで覆うような事はあまりよくなかったよう…。こちらも反省です。(グリルの竹が燃えてしまうかもしれないので、ということです。)

みなさんは、しっかり取扱説明書を読んでから使用してください!

BBQが終わった後のグリルがこちら。捨てる際には水や砂、土などをかけてしっかりと冷ましてから捨てます。

CACUGRILLのおさらい(特徴・使い勝手はどう??)

CASUGRILLの材質は

・竹炭・火山灰・竹・ダンボール

※白い火山灰は土壌改良にもなり、植物に対して100%クリーンです。と取り扱い説明書にも記載があります。

・重さ:1.0kg

・グリル面積は678cm²

・見た目もかわいく、環境にもやさしい。

・安定した高温でちゃんと焼ける。

そして、何よりもすべてそのまま燃えるゴミとして捨てられる手軽さがおすすめです。

ただ、グリルの隙間(間隔)が広いので、野菜が落ちやすいということ。アルミホイルで覆うようなことはNGなど、いつもの網の上でやるBBQに慣れてしまっていると少し制限があります。よく取説などを読んでからBBQを始めることをお勧めいたします。

今回はお家でのテントと手軽にできる簡易BBQコンロのご紹介をさせていただきました。

これからテントを買おうと思っている方や簡易BBQコンロを買う際の参考にしていただけたらと思います。まだまだ続きそうな外出自粛生活ですが、お家で楽しめることを見つけて、楽しく生活していきたいですね!!

 

ブログランキングに登録しております。すべてのカテゴリーで1位になれるように頑張りたいと思っておりますので、ぽちっとご協力よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

パンダ食堂へのご連絡

ありがとうございます!
お仕事のご相談からご感想まで、
お気軽にお問合せフォームからご連絡下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

お選びください

内容

正常に送信されたら、控えメールが差出人へも送信されます。
注意:Yahoo!メールや Gmail、Hotmail の設定によっては、控えメールが『迷惑メールフォルダ』に受信されてしまうことがあります。控えメールが送られて来ないときは『迷惑メールフォルダ』を確認してみてください。