レシピ

カスタードプリン【電気圧力鍋レシピ】

大人も子供も大好きな定番プリン。

卵1個で作れる食べきりサイズのレシピです。

プリンにつきもののカラメルソースはお鍋で作るイメージがありますが、今回は電子レンジを使って蒸す時にも使う耐熱ガラスに直接カラメルを作るため、お鍋は使いません。カラメルは何とかうまくできても、火加減や時間を間違えて、巣が入ってボソボソになってしまったり、まったく固まらなかったという経験のある方もいるのではないでしょうか?今回は何度か試作を重ね、電気圧力鍋におまかせすれば、失敗せずに上手に作れるレシピが出来上がりましたのでアップいたしました!ぜひおためしいただけたら嬉しいです!

カスタードプリン材料

材料:2個分

1個
砂糖 大さじ2と1/2
牛乳 125ml
バニラオイル 適量
【カラメルソース】
砂糖 大さじ3
小さじ2
小さじ2

作り方

1.カラメルソースを作ります。耐熱容器1個に砂糖大さじ1と1/2、水小さじ1を入れる。

2.500Wの電子レンジで約3分半~4分加熱をする。茶色く色が変わったら耐熱容器1個につき小さじ1の湯を入れ、そのまま冷めるまで置いておく。

※跳ねるので気を付けください。また、電子レンジに置く位置により2個同時に茶色くならない場合があります。茶色く色づいたものから取り出して湯を加えてください。

3.ボウルに卵を入れて泡立て器で溶きほぐし、砂糖を加えて混ぜる。人肌程度に温めた牛乳(500Wで約50秒)、バニラオイルを加えてよく混ぜ合わせる。

4.茶こしで濾してなめらかにし、2の容器に注ぎ入れる。

ラップをして輪ゴムでしっかり止める。

5.内釜に2重にしたキッチンペーパーを敷き、(薄い布巾などでもOK)その上に4を置く。耐熱容器が1cm浸かるくらいの熱湯を注ぎ、加圧1分かける。

 

6.保温に切り替わったら20分保温する。(途中で圧力弁が下がってもそのまま蓋を開けずに保温してください。)

こちらが出来上がりです!スが入っていない美しい仕上がりです。

 

調理ポイントと注意・使用食材など

■必ず耐熱のガラス容器を使用してください。カラメル色の状態の温度は、約160~180℃になっているため、耐熱容器以外のものを使用すると割れてしまいます。一見厚みがあるので大丈夫だと思っているガラス容器でも割れる事があるので、必ず確認してから使ってくださいね。今回使用した容器は下記のプリンカップです。白い耐熱ココットなどで作っていただくのもおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IWAKI イワキ プリンカップ(150ml) KBT905
価格:302円(税込、送料別) (2019/4/13時点)

 

■使用しているバニラオイルはこちらです!以前お菓子作りの得意な方から教えてもらったバニラオイルで、レユニオン島のヴァニラビーンズのみを抽出したヴァニラ濃縮原液です。一流のパティシエにも愛されているオイルで、バニラビーンズを入れた時のようなとっても良い香りがします。

■牛乳アレルギーなどの方は豆乳に代用していただいても美味しくできます。

**********************************

ブログランキングに登録しています!ぽちっとクリックのご協力よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

1.2Lと2.0Lの圧力鍋の大きさの違いについて。

最近この圧力鍋のレシピを見て、電気圧力鍋に興味を持ってくださった方からご質問をいただきましたので、今回のプリンに関してでご回答させていただきます。2種類の違いについては、また改めて紹介ページを作りたいと思います。

今回の作り方で使用している圧力鍋は2.0Lの大きいサイズのものを使いました。2人分の分量ですが、実際には2.0Lの電気圧力鍋なら4つ同時に作れます。(レシピの倍量です)実際にプリンカップを入れるとこんな感じです。

1.2Lの場合には、レシピ通りの2個作れます。こちらもプリンカップを入れた状態のものがこちら。

3個入らないか試してみたのですが、1個が底に着かずに浮いてしまう感じなので、2個までが良いと思います。

実際に内釜の大きさを比べてみると、2.0L(内径18cm)の内釜にすっぽりと入るくらいの大きさが1.2L(内径14cm)の大きさの内釜になります。

基本的には、1.2Lは2~3人分家族、2.0Lは4~5人分家族に向いていると思います。私は大人2人家族なので、1.2Lでちょうど良いサイズですが、今回のようなプリンなどをたくさん作りたいという時には、大きいサイズがあると便利です。

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

電気圧力鍋の詳しい紹介は長くなりそうですので、また改めてアップしたいと思います。