レシピ

豆アジのエスカベッシュ風【電気圧力鍋レシピ】

初夏から秋にかけて出回る豆アジ(鯵の稚魚)を使った料理のご紹介です。

エスカベッシュとはフライにした魚の酢漬け。(洋風南蛮漬けです。)魚に小麦粉をつけて揚げ、その上にせん切りにしたにんじんや玉ねぎをのせ、フレンチドレッシングをかけて漬け込み、良く冷やしてから食べる料理。元来はスペイン料理で揚げた魚を日持ちさせるために考えられたものです。

今回は揚げずに生のまま野菜と一緒に酢の入った調味料で煮ていくので、「~風」としました。揚げていないのでカロリーも抑えられ、さらにしっかりと加圧をしているので骨ごと美味しくいただけます。2~3日冷蔵保存もOKです!

豆アジのエスカベッシュ風

材料:2人分

豆アジ 6尾
赤・黄パプリカ 各1/4個
玉ねぎ 1/8個
にんじん 1/4本
【A】
 水 50ml
 酢 50ml
 塩 小さじ1/3
 ローリエ 1枚
 赤唐辛子(小口切り) 1本分
 にんにく 1/2片分
 オリーブ油 大さじ1
イタリアンパセリ 適宜

豆アジの下処理

①エラ蓋に親指と人差し指を差し込み、エラと胸びれをつまむ。

②力を入れて下に引っ張ると胸びれ、えら、ワタが同時にとれる。

③血合いなどが残っていたら流水できれいに洗い流し、水気をふき取り、軽く塩をふっておく。

作り方

①パプリカ、玉ねぎは薄切り、にんじんはせん切り、にんにくは薄切りにする。

②内釜に水気をふきとったアジ、1、合わせたAを入れて本体にセットし、加圧3~5分かける。

③粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。盛り付けて仕上げにイタリアンパセリを散らす。

【調理ポイント】

アジの稚魚の事を豆アジと呼びます。成魚になる前の初夏~秋ごろのアジを示し、サイズが10cm前後と小さいものが特徴です。今回のように、包丁を使わずに手だけでさばく事ができるのも魅力の一つです。

豆アジは5~6cm位のものや10cm位のサイズなど大きさがまちまち。今回写真で使用しているアジは12cm位の大きさのもので加圧時間は5分かけました。小ぶりなものなら1~2分加圧時間を短くして作ってみてください!圧力鍋によっても時間が異なりますので、レシピを参考に時間調節をしてみてください。

ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックのご協力をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

今回使用している圧力鍋は1.2Lタイプです。