レシピ

無水チキンカレー【電気圧力鍋レシピ】

こんにちは。フードコーディネーター・管理栄養士の野川彩です。

HPをご覧くださりありがとうございます。 電気圧力鍋のレシピを定期的に更新しており、インスタグラムでもレシピ付きで更新しております。

@denpanda.recipe (パンダの電圧鍋食堂)

レシピが一覧でご覧いただけますので、気に入っていただけたら、フォローよろしくお願いいたします!!

今流行りの水を使わないで作る無水カレー。電気圧力鍋でも作れるのかな??と思って作ってみたところ、とっても美味しく出来ました!!そして、ほったらかしなので水分の状態など気にすることも一切ありません。

美味しく簡単に作れるので、本当におすすめですよ!!

無水チキンカレー材料

材料:2人分

鶏もも肉 200g
塩・こしょう 少々
トマト(完熟) 2個(250g)
玉ねぎ 1個(250g)
茄子 1/2本
にんにく・しょうが 1/2片分
カレールー 35g(2皿分)
ごはん 2皿分

 

作り方

1.鶏もも肉は余分な脂を取り除き、3cm角に切って塩、こしょうをする。

2.トマトは2cm角、玉ねぎは4等分に切って繊維と垂直に薄切り、茄子は2cm角に切る。にんにく・しょうがはみじん切りにする。

3.内釜に2、1を入れて本体にセットし、加圧6分かける。

4.カレールーはおろし金で細かくすりおろす。

5.浮き圧力弁が下がったらトマトをつぶしながら混ぜ、4のカレールーを入れて溶かし、10分保温する。

とろみが足りない場合には加熱をして少し煮詰める。

※一度ストップボタンを押し、再度スタートボタンを押すと加熱が始まります。蓋は必ず開けた状態で行ってください。蓋をしっかりしめていなければ、加圧にはならずに加熱をすることができるため、煮詰める事ができます。タイマーは機能しませんので、キッチンタイマーなどをかけて焦げ付かないように注意しながら作業をしてください。

6.皿にごはんを盛り付け、ルーをかける。

【調理ポイント】

・玉ねぎ、トマトは個数ではなく、重量で用意していただけると良いです。無水カレーの場合には、水分の多い食材を使うのがポイントになります。

・カレールーは保温の温度では溶けにくいので、おろし金ですり下ろしていただくと溶けやすいです。面倒な場合には包丁で細かく砕く。もしくはフレーク状のルーを使っていただくと便利です。

・トマトは触るとかなり柔らかい状態の完熟のものを使用しました。茄子以外では、ズッキーニやきのこなど水分の多い野菜を入れていただくのがおすすめです。

・お肉の種類によっては6分では柔らかく仕上がらない場合がありますので、加圧時間を長めに調整してください。

ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックのご協力をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

パンダ食堂の調理道具も発売中です。レシピもどんどんアップしております。

日本製の万古焼き、美濃焼を中心とした火にもかけられる調理道具兼うつわもプロデュ―スしております。

うつわマルシェにて発売しておりますので、ご興味ありましたらぜひご覧ください。

 

 

今回使用している圧力鍋は1.2Lタイプです。