レシピ

電気圧力鍋で作る自家製コンビーフのレシピ公開

パンダ食堂の管理栄養士・調理器具料理研究家の野川彩です。

今回ご紹介する電気圧力鍋レシピは、前回『自家製ツナ』のレシピを配信した際に好評をいただいた自家製シリーズ第2弾。牛もも肉を使った「自家製コーンビーフ」(牛肉の塩漬け)です。

牛もも肉は高たんぱく低脂質の代表的な食材です。細かく裂いて小分けにラップに包み、冷凍保存も可能ですので、作り置きをしておいて日々のたんぱく質摂取に役立つ1品です。

 

電気圧力鍋で作る自家製コーンビーフレシピ

材料:作りやすい分量

牛もも肉(かたまり)・・・300g

塩・・・小さじ2

玉ねぎ(すりおろし)・・・1/8個分

にんにく(すりおろし)・・・少々

ローリエ・・・1枚

ビニール袋・・・1枚

作り方

①牛もも肉に塩を全体にすりこむ。ビニール袋に牛肉を入れ、玉ねぎ、にんにくを入れてよくもみこみ、ローリーエを入れてビニールの空気をしっかりとぬいて口をしばり、冷蔵庫で一晩寝かせる。

②内釜に①、かぶるくらいの水を入れて本体にセットし、タイマーを20分かける。

【調理ポイント】

粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩ねかせると余分な脂が浮いてくるので、取り除けば、さらにヘルシーに仕上がります。

キッチンぺーパーで汁気をふきとり、手で細かく裂きます。

今回使用した牛肉は国産のものでした。もも肉ですが、少しサシが入ってしまっているものだったので、オージービーフなどのサシの入っていないものが売っていたら、そちらで作った方がカロリーも抑えられますし、裂くのも楽に裂けるのでおすすめです。

料理アレンジ方法

キャベツをせん切りにして塩もみし、裂いたコーンビーフと胡椒、お酢、オリーブ油少々を混ぜたサラダなどが手軽にできておすすめです!

茹で汁は牛肉のうま味が染み出ていますので、牛肉スープとしてお使いいただけます。

使用している電気圧力鍋の紹介

●私が使用している電気圧力鍋は1.2Lタイプのミニ電気圧力鍋です。コンパクトで置き場所にも困らないサイズで長年愛用しているお気に入りです。

 

ブログランキングに登録しています。
ぽちっとご協力いただけますと大変励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村

パンダ食堂へのご連絡

ありがとうございます!
お仕事のご相談からご感想まで、
お気軽にお問合せフォームからご連絡下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

お選びください

内容

正常に送信されたら、控えメールが差出人へも送信されます。
注意:Yahoo!メールや Gmail、Hotmail の設定によっては、控えメールが『迷惑メールフォルダ』に受信されてしまうことがあります。控えメールが送られて来ないときは『迷惑メールフォルダ』を確認してみてください。