レシピ

電気圧力鍋で作る里芋と油揚げの煮物レシピ

フードコーディネーター管理栄養士のパンダ食堂 野川彩です。

電気圧力鍋を使って作る里芋を使った煮物のレシピをご紹介。『里芋』と『油揚げ』という変わった組み合わせですが、お出汁を吸った油揚げがすご~く美味しい一品です。一品足りない!という時に簡単にできるお助けレシピです。

里芋と油揚げの煮物

材料:2人分

里芋 小8個(約300g)
油揚げ 1枚
【A】
・だし汁 100ml
・砂糖 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1/2
・酒 小さじ2

栄養価(1人分):エネルギー:159kcal/たんぱく質: 5.3g/脂質:5.1g/炭水化物:22.2g/食物繊維:3.1g/塩分:0.7g

作り方

1.里芋は皮をむき、油揚げはキッチンペーパーに挟んで軽く油を取り除き、8等分に切る。(気になる方は熱湯をかけて油抜きをしてください)

2.内釜に1、Aを入れて本体にセットし、加圧4分かける。

3.浮き圧力弁が下がったらさといもの上下を返します。

4.10~20分保温をして味をなじませます。煮物は冷める時に味が入るので、保温はできるだけ長くとっていただくと美味しくなります。

調理ポイント

・調味料は最低限の量で作っていますので、出来上がった直後は上部にまで味が行き割ったいない状態ですが、上下を返して保温をすることで、味が上下まんべんなく馴染みます。

・今回使用した里芋は皮をむくとピンポン玉くらいのサイズ(直径約4cm)です。大きな里芋しか手に入らない場合には、カットして調理をしてください。

・おだしをしっかりと効かせることで、塩分量が少なくても美味しくいただけます。

 

おすすめの油揚げについて

・もしどこかで手に入れる事ができたら、ぜひお試しいただきたいのが、

「松山あげ」

通常の油揚げと違い、90日程度日持ちがするのが特徴です。スナックのようにカリカリとしていて、そして手のひらよりも大きいサイズなのが特徴です。

普通の油揚げと違って、もちふわ食感です。味噌汁に入れた時に、しゃぶしゃぶ用のお餅のようなとろっとした食感が病みつきになります。今回の煮物もこちらの松山揚げで作ってみてもまた絶品でした。先日四国旅行で愛媛の砥部でスーパーに立ち寄った際にこちらの揚げを発見し、購入したのがきっかけでハマっております。

もしどこかで見つける事ができましたら、ぜひお試しください!すご~くおすすめです。

●使用している圧力鍋は1.2Lタイプの電気圧力鍋になります。

ブログランキングに登録しています。
ぽちっとご協力いただけますと大変励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村

パンダ食堂へのご連絡

ありがとうございます!
お仕事のご相談からご感想まで、
お気軽にお問合せフォームからご連絡下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

お選びください

内容

正常に送信されたら、控えメールが差出人へも送信されます。
注意:Yahoo!メールや Gmail、Hotmail の設定によっては、控えメールが『迷惑メールフォルダ』に受信されてしまうことがあります。控えメールが送られて来ないときは『迷惑メールフォルダ』を確認してみてください。