ホットクックレシピ

低温調理も自動で楽々!!シャープホットクックで作る自家製サラダチキンレシピ!

 

こんにちは。

フードコーディネーター・管理栄養士の野川彩です。

みなさんは『サラダチキン』お好きですか??

最近ではハムやベーコンと同じくらいスーパーやコンビニなどでも当たり前の様に並ぶようになった食品ですね。

私もボディメイクを始めるようになってから、けっこう口にするようになった食品です。市販のサラダチキンでも、添加物の入っていない鶏肉と塩だけのサラダチキンだとすごくお値段が高く、かと言って手軽に買える安いサラダチキンは添加物だらけだったり・・・。

鶏むね肉は比較的買いやすい値段の食材なので、自家製で作った方が断然経済的で安全!!でも茹ですぎるとパサついてしまったり、火が完全に入っていないと食中毒の危険もあり、温度管理がちょっと難しく感じる方も多いですよね。

今回はシャープのホットクックを使って作っていきます。

ホットクックについている発酵・低温機能を使って、温度管理など一切せずに、しっとり柔らか、美味しく作れるサラダチキンの作り方をご紹介していきます。

シャープホットクックで作るしっとりサラダチキン

材料:2枚分

鶏むね肉(皮なし)・・・2枚

塩・・・・・鶏むね肉の重量に対して0.8~1%

作り方

1.鶏むね肉は両面にフォークで穴をあけ、両面に塩をしてよくもみこむ。

2.ビニール袋やジップロックなどに入れてしっかりと空気を抜いて閉じ口を閉じる。

3.内釜に2、肉が浸かるくらいの水(今回は1L)を入れ、本体にセットする。

手動→発酵・低温調理をする→70℃ 1時間

あとは出来上がるまでほっといてOK。

肉厚の部分にちゃんと火が入っているか、裂いて確認してみて、

分厚い部分にもしっかりと火が入っていればできあがりです。

今回は塩のみでプレーンのサラダチキンでしたが、レモン塩、ハーブ塩など色々なもので作っていただくとすごく楽しいです。温度管理をしなくていいのが本当にらくちん!!

35℃~90℃と1℃単位で設定ができるので、ヨーグルト、塩こうじ、味噌、温泉卵など幅広い発酵・低温調理が楽しめます。

温泉卵はもうお鍋に温度計を入れて温度を測らずに作れるのが本当に嬉しいです。

またホットクックで作る便利レシピアップしていきたいと思います。

パンダ食堂へのご連絡

ありがとうございます!
お仕事のご相談からご感想まで、
お気軽にお問合せフォームからご連絡下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

お選びください

内容

正常に送信されたら、控えメールが差出人へも送信されます。
注意:Yahoo!メールや Gmail、Hotmail の設定によっては、控えメールが『迷惑メールフォルダ』に受信されてしまうことがあります。控えメールが送られて来ないときは『迷惑メールフォルダ』を確認してみてください。