電気圧力鍋レシピ

電気圧力鍋で作る!簡単で失敗しない、つやつや黒豆レシピ

新年あけましておめでとうございます。

パンダ食堂の野川彩です。今年もブログにお越しくださいまして、ありがとうございます。本年度も電気圧力鍋レシピや調理器具レシピを配信していけたらと思っております。

そして、昨年は教室を開催しようとしておりましたが、いろいろとあって途中中断してしまいましたが、今年はまた再開しようと思っております。

こちらのHPでも教室のご案内などしていきたいと思っておりますのでぜひチェックしていただけたらと思っております。電気圧力鍋レシピの教室やパンダ食堂の食器を使った教室、ワークショップなども企画したいと思っておりますので、ぜひよろしくお願いいたします。

年末には、友達と一緒に我が家でおせちを作りました。久々に品数多めに作り、やり切った感でいっぱいでした(笑)。その中でも、毎年必ず電気圧力鍋で作るのが黒豆。

本当はこちらのレシピを年末にアップする予定でしたがアップできず、来年用、もしくは、まだ黒豆が余ってしまっている方用にと思い、レシピをアップいたします。

黒豆は牛乳や豆乳と一緒にミキサーにかけて、黒豆ラテにしてもおいしいので、もし消費に困っている方がいたらぜひお試しください!

お鍋で作る場合には、皮が固くなるので豆を先にじっくり時間をかけてコトコト煮た後に砂糖を加えていきますが、すべていっぺんに加えてスイッチオンでできます。しかも、皮にしわが寄ることなく、すご~くきれいな仕上がりになります。

電気圧力鍋で作る黒豆レシピ

材料:作りやすい分量

黒豆・・・100g

水・・・300ml~400ml

砂糖・・・90~100g(お好みで)

醤油・・・大さじ1/2

おまめちゃん・・・1個(あれば)

 

作り方

1.ボウルに黒豆を入れて1~2回水を変えて洗い、黒豆、おまめちゃん、水(300ml~400ml)の水を入れて8時間以上おく。

※黒豆が完全に水に浸かっている状態にする。

2.内釜に1の浸していた水300ml、黒豆、砂糖、しょうゆを入れ、タイマーを15分にセットし、浮き圧力弁が下がったら蓋を開ける。

※おまめちゃんは一緒に入れて加圧しないようにしてください。

3.おまめちゃんを2に戻し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして味を含ませる。

調理ポイント

もう仕事でも何十回も作っているレシピです。お豆ちゃんを入れて加圧をかけると、中の温度が上がりすぎる恐れがあるため、入れて加圧をすることはNGだそうです。ただ、おまめちゃんを抜いて火にかけるため、仕上がり直後は色が抜けますが、再びお豆ちゃんを戻して冷ますことで色が戻ります。お豆ちゃんがない場合には、多少赤っぽく仕上がりますが、しわなどは寄ることなく仕上がりますので、一度お試しいただけたらと思います。

●使用しているお豆ちゃんはこちら

●使用している電気圧力鍋は1.2Lのリブセトラ電気圧力鍋です。