電気圧力鍋レシピ

【電気圧力鍋レシピ】火を使わずに作れる加圧2分のグリーンカレーレシピ

こんにちは。パンダ食堂の野川彩(ノガワアヤ)です。

もう7月。暑い日が続きますね。夏になると食べたくなるのがアジア料理。

今回はタイ料理でも有名なグリーンカレーをご紹介いたします。グリーンカレーってお店で食べるものなんじゃないの??家で作れるの??というお声もよく聞きますが、実は普通のカレーよりも短時間で作れてとっても簡単なんです。ちょっと特殊な調味料も出てきますが、最近では身近に手に入るようになりましたので、調味料についても最後に説明、商品リンクを貼り付けておきますので、購入の際にお役立ていただけたらと思います。

電気圧力鍋で作るグリーンカレーレシピ

材料:2人分

鶏もも肉・・・150g

茄子・・・・1本

しめじ・・・1/2パック(50g)

赤・黄パプリカ・・・各1/4個

グリーンカレーペースト・・・30g

サラダ油・・・大さじ1/2

ココナッツミルク・・・200ml

水・・・100ml

砂糖・・・大さじ1/2

ナンプラー・・・大さじ1

バジル・・・適量

ごはん・・・適量

作り方

1.鶏肉は2cm角に切る。なすは輪切り、しめじは小房に分け、パプリカは乱切りにする。

2.耐熱容器にグリーンカレーペースト、サラダ油を入れてよく混ぜ、

ふんわりラップをかけて500Wで30秒加熱する。

※加熱後はツンとするような辛みと香りがします。加熱をすることで香りと辛みが引き立ちます。フライパンで香りが出るまで2~3分炒めてもOK。

3.2にココナッツミルク、水、砂糖を入れてよく混ぜ合わせる。

※いっぺんに加えず、少しずつ加えた方がきれいに混ざります。

4.内がまに1、3を加えて全体によく混ぜ合わせる。

本体にセットし、加圧タイマー2分かける。

5.浮き圧力弁が下がったらナンプラーを加えて混ぜ、器に盛り付け、バジルを散らす。

詳しくは動画レシピをご覧ください。

 

・グリーンカレーペーストは炒めることでグリーンカレーの魅力である辛みと香りが引き立ちます。今回は火を一切使わずに作れるレシピにしたかったので、電子レンジで加熱をする方法を考えましたが、フライパンで弱めの中火で焦がさないように香りが出るまで炒めていただいてもOKです。

・仕上がりの塩分が足りない場合には、ナンプラーを足して調整してください。

グリーンカレーに使った調味料について

今回使用した調味料で少し手に入りにくいものは、

「ココナッツミルク」、「ナンプラー」、「グリーンカレーペースト」

この3点、私はすべて輸入食材が置いている『カルディ』で購入しました。

最近では、手に入りづらい調味料なども、簡単にネットショッピングで買えるので、便利な時代になりましたよね。私も近場で見つけられないものは、すべてネットで注文して購入しています。参考までに、下記商品リンクをのせておきますので、もしお近くで手に入らない場合にご利用ください。

○ナンプラー

タイでは「ナンプラー」、ベトナムでは「ニョクマム」と言われる魚醤。いわしなどの小魚を塩漬けし、発酵させ、上澄み液をとったもの。熟成されたうまみとまろやかな塩分を持ち、これ自体がだしにもなります。東南アジア料理の味付けの基本です。

ここやしの熟した果実の中にある真っ白な胚乳を粉砕して水を加えてよくもみ、搾ったミルク状のもの。カレーやスープ、デザートなどに使われます。