電気圧力鍋レシピ

【電気圧力鍋レシピ】鶏手羽と冬瓜のスープレシピ

こんにちは。パンダ食堂の野川彩です。

今回は夏野菜の『冬瓜』と鶏手羽先を使ったスープをご紹介いたします。

冬瓜は冬という文字が入っているので、夏野菜なの?と思われそうですが、冬まで冷暗保存できるということから、この名前が付いたといわれています。

キュウリと同じく、カリウムや水分を多く含み、利尿作用があるので、むくみや高血圧の改善に効果的です。ビタミンCも多く含むため、体にストレスとなる夏の暑さにぴったりの食材です。

今回組み合わせる食材は鶏手羽先。加圧6分で骨がするっと抜けるくらい柔らかに仕上がります。また、手羽先の先端も一緒に加圧することで、鶏の濃いダシが出て、シンプルに塩、コショウだけで仕上げました。サムゲタンのような味わいのおいしいスープです。トロットとろける冬瓜と鶏の柔らかさをお楽しみください。

電気圧力鍋で作る鶏手羽と冬瓜のスープレシピ

材料:2人分

鶏手羽先・・・5~6本

冬瓜・・・1/16個(←20.7.17日 訂正しました)

きくらげ(乾燥)・・・2g(6個くらい)

クコの実・・・10粒

生姜(スライス)・・・1片分

にんにく(スライス)・・・1片分

長ネギの青い部分・・・1/2本分

水・・・500ml

塩・・・小さじ1/2

塩・こしょう・・・少々

動画レシピはこちらから

 

下準備

・クコの実、きくらげはぬるま湯に約30分つけて戻す。

作り方

1.手羽先は関節部分に包丁を入れて先端を切り落とす。※先端はスープのだしになるので一緒に加圧します。

2.冬瓜は種とワタ、皮をとって約3cm角に切る。きくらげは硬い軸をとり、大きいものは半分に切る。

3.鍋に1、2、生姜、ニンニク、長ネギの青い部分、水、塩を入れて加圧6分かける。

4.出来上がったら長ネギの青い部分、あくを取り除き、クコの実を加えて塩、こしょうで味をととのえる。

調理ポイント

鶏肉と同じ時間で加圧するため、冬瓜は少し大きめに切るのがポイントです。小さく切ると、柔らかくなりすぎるため、気を付けてください。

YouTubeチャンネル開設しました

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

パンダ食堂のYouTubeチャンネル

 

ブログランキングにも登録しております。

すべてのカテゴリーで1位になれるように頑張りたいと思っておりますので、ぽちっとご協力よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

 

使用したミニ電気圧力鍋の紹介

アルファックス・コイズミ(株)のリブセトラ1.2L電気圧力鍋を使用しています。

2~3人分の料理が作れ、コンパクトで邪魔にならないサイズです。