耐熱ミニグリルパンレシピ

カリカリハーブのチキンソテー~耐熱ミニグリルパンで焼いたらそのまま食卓へ!!~

こんにちは。管理栄養士・フードコーディネーターの野川彩です。

今日はクリスマスやおもてなしにもぴったりなパンダ食堂の耐熱ミニグリルパンを使って作るハーブチキンソテーをご紹介いたします。※陶板も同じ調理方法でお作りいただけますので、参考になさってみてください。

カリカリハーブのチキンソテー

■材料:1人分■

鶏もも肉 1枚(約260g)
小さじ1/3
黒コショウ 少々
【A】
・にんにく(みじん切り) 1/2片
・ローズマリー(みじん切り) 1/2枝
・オリーブ油 大さじ1
ズッキーニ 1/5本
ブラウンマッシュルーム 1個
ローズマリー・ピンクペッパー 1枝

 

■作り方■

1.鶏もも肉は余分な脂や筋を取り除き、塩、コショウを両面にまぶしておく。

2.ズッキーニは7㎜厚さの半月切り、ブラウンマッシュルームは4等分に切る。

3.ビニール袋にA、1、2を入れてよく揉みこみ、20分以上おく。

4.耐熱ミニグリルパンに2を皮目を下にしてのせ、強火にかける。パチパチと焼ける音がしてきたら弱火にして、皮目がパリッとするまで焼く。

5.裏返して周りにズッキーニ、マッシュルームをのせてさらに肉に火が通るまで焼く。途中でズッキーニ、マッシュルームを返しながら焼く。

6.仕上げにピンクペッパーをちらし、ローズマリーを添える。

調理ポイント

・肉は前日から漬け込んでおいてもOKです。キャンプなどで作る場合には、漬け込んだ状態のものをもっていくと焼くだけなので、手も汚れずに楽に調理ができます。

・酸味が好きな方なら、レモン汁を大匙1ほど加えていただくとさらにさっぱりとしておいしくいただけます。

耐熱ミニグリルパンの特徴

パンダ食堂の耐熱ミニグリルパンは陶器の直火にかけられる調理皿です。グリルパンで調理後、そのままグリルパンごと食卓に出すことができるので、熱々、グツグツの状態で召し上がることができます。

色は全部で3色。ブラック、グレー、ホワイトです。直径は約15㎝。鶏もも肉の小ぶりのものが1枚焼ける大きさです。ちなみに、今回の耐熱ミニグリルパンと陶板は調理方法が同じなので、耐熱ミニグリルパンで作れる料理は陶板でもお作りいただけます。

パンダ食堂の調理道具について・ご購入は調理道具ページをご覧ください。→こちら

 

パンダ食堂へのご連絡

ありがとうございます!
お仕事のご相談からご感想まで、
お気軽にお問合せフォームからご連絡下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

お選びください

内容

正常に送信されたら、控えメールが差出人へも送信されます。
注意:Yahoo!メールや Gmail、Hotmail の設定によっては、控えメールが『迷惑メールフォルダ』に受信されてしまうことがあります。控えメールが送られて来ないときは『迷惑メールフォルダ』を確認してみてください。